女性の為のバイブの選び方から使い方までを詳しくご紹介します♪あなたにぴったりのバイブが見つかりますように…。

女性が使う大人のおもちゃ 女性だってひとりHは当たり前 もっと気持ちよくなりたい! セックスレス解消!!
女性の性感帯講座 彼ともっと素晴らしいセックス 女性特有の性に関する悩み オーガズムってなぁに??
女性男性の身体の基礎知識 性事情が分かるリサーチ それぞれの愛のカタチ♪ 早期発見!危ない性病講座

大人のおもちゃ通販店「天使のおもちゃ箱」

女性の為のバイブの使い方

バイブは衛生面からなかなか抵抗のあるという女性も多いものです。あとは痛くないの?という質問もよく耳にします。
でも大丈夫!衛生面が気になる女性はバイブにコンドームを被せてしまいましょう!しかも使用後のお手入れも簡単なので、コンドームのご使用をおすすめします♪

あとはお湯で薄めたローションをたっぷり塗って下さいね!そうすれば痛みなんてありません!ローションは温感タイプのものをおすすめします。人肌の温もりが感じられるでしょう。



バイブ選び方の基準
初めてバイブを選ぶ時、太さを基準に選ぶ人もいますが、 最初は太さではなく、自分がクリトリス派なのか、膣派なのかを基準にします 。また、一人エッチ用として購入するのか、彼と一緒に使うために購入するのかも考えてから、購入された方が良いと思います。

例えば膣派の方が、基本の子バイブ付きバイブを選んだ場合、深く挿入をしたくても、子バイブが邪魔になり、あまり深く挿入する事は出来ません。Pスポット(子宮の入り口付近)への刺激が好きなら、ストレートバイブのほうが充分に楽しむ事が出来ます。

また、自分がクリトリス派なのか、膣派なのか、それが良く分からないという人は、バイブではなくスティックタイプのローターでも良いと思います。挿入感に物足りなさを感じたら、次にバイブを買ってみる。最初から太いバイブや上級者向けバイブを選ぶのではなく、無理のないところから初めてみるのが、バイブ選びの基準でもあり、失敗しない方法だと言えます。

●膣派の女性

子バイブのない、竿部分のみのバイブは、深く挿入するのが好きな方、激しくピストン運動をしたい方に向いているバイブです。機能はバイブ振動&スイングが基本になりますが、乾電池使用 2本か、 3本か、 4 本かによって、そのスイングのパワーも変わります。

膣圧が高め、締まりが良いと言われる方ならば、出来るだけ電池本数が多いバイブを選んだ方が良いです。 膣派の女性に向いているバイブ です。



●膣派・クリトリス派


基本のバイブと言える、子バイブ付きのバイブです。バイブによっては、子バイブにモーターが入っているものと、モーターが入っていないものとあり、クリトリスへの刺激を楽しみたいという方は、子バイブにモーターが内蔵してあるものを選んだ方が良いですね。

機能は子バイブの振動、竿部分のスイングが基本です。乾電池を 3本使用するタイプか、 4本使用するタイプか、スイングのパワー不足で不満を抱えたくない方は、 4本使用するタイプのバイブを選ぶと良いでしょう。また、バイブによっては、竿先端にモーターが内蔵されているタイプのものもあります。

Pスポット(膣奥・子宮の入り口)が感じるという方は、先端部分にもモーターが内蔵されているタイプのほうがおすすめです。 クリトリス派、膣派、どちらの女性にも向いているバイブ です。


●膣派・クリトリス派・Gスポット開発

基本のバイブの竿部分に、パールが入り、竿のスイングと同時に、パールが回転するバイブです。商品説明等を見ると、大抵 Gスポットを撫で回し快感です!などと書かれておりますが、実際のところは、子バイブがついているので、挿入の深さによっては、あまりパールの凄さは感じられない女性もいます。
(膣の深さ、Gスポットの位置により、多少の個人差があります。)

また、電池本数が多いもの選んだほうが、パワー不足で失敗する事も少なくなりますが、子バイブ振動、スイング、パール回転と一度に両方のスイッチを使用すると、まずパールはあまり回転せず、スイングもやや弱くなってしまうので、電池本数4本のバイブをお薦めします。

クリトリス派、膣派で、尚且つGスポットの性感開発をしたい女性向きのバイブ です。

●バイブが初めて

バイブは単純に大きければいいというものではありません。
バイブ未経験の女性がいきなり太いバイブを使用するのは、避けた方が無難です。

直径3センチ、長さ15センチほどで、デザインも可愛らしい物があります
初心者向けのバイブも多数ありますので、まずはココから初めて見て下さい。

バイブの使い方

一人でバイブを使う場合はローションがあったほうが絶対にいいです。
彼と使う場合は既に濡れてるかもしれませんが、それでもローションを使った方が感度も上がりますのでお勧めです。

ローションは温感ローションがいいですよ。普通のローションでもいいですがひやっと感じるでしょ。タオルやティッシュはローションを使ったときにあたりを汚さないために 準備したほうがいいと思います。

衛生面から、バイブにはコンドームをかぶせましょう。準備が整ったら、ローションをウァギナにたっぷり塗り、バイブをこすりあてバイブも濡らしてあげましょう。特に先っぽのほうはたっぷりと。本体のパワーは中くらい、フリッパーは弱めに(最大にすると痛いと思います)セットし、フリッパーがクリトリスにあたるまでゆっくりと挿入しましょう。フリッパーはローターよりもピンポイントでクリトリスを刺激してきますのでそれだけでも「あ、あ、あ・・・」と恍惚の世界に引き込まれてしまいます。

一人Hは自分の感じる場所を満足するまで刺激できるところが最大のメリット。もともとバイブは女性のヒステリーを解消するために作られた道具なんですって。磨けば磨くほど艶がでるバイオリンのように、女性のからだも手入れをしてあげればそれだけ応えてくれます。まだ未開発の性感帯もたくさんみつかります。彼とのHにも磨かれたボディでのぞんでください。

●まずはゆっくり前戯
少し濡れだすはまで、前戯をします。一人の場合はや濡れ方が少ないときにはローションを利用してみてもいいかもしれません。バイブでクリトリスを刺激したり、入り口あたりをやさしく撫でたりしながら、十分に濡れ、入り口が膨らんできたら挿入してください。

●挿入
バイブレーターの先端を少し入れたら、「弱」にしてしばらくそのままにしておきます。ゆっくりとなじんできたら、膣前壁に沿って奥へ進めて、Gスポットを探ります。

●Gスポット
Gスポットは人差し指か中指を膣の入り口から奥へ、恥骨に向かって軽く押し付けるようにして、第二関節くらいまで進めると指先あたりにあります。探し当てたら、途中から「強」にして攻めたてます。感じすぎると潮吹きが起こることもあります。

●ピストン
だんだんと中が緩んできたら、ピストン運動を開始します。単純に上下にするだけでなく、浅く、深く、回して、引っ張って、カリの部分を利用してこすってください。コントローラーで強弱、回り方を変えたりしてください。

●オーガズム
やがてオーガズムが近づいたら、ピストン運動を早めて一気に昇り詰めます。
オーガズムを体験したことのない女性にオーガズムを迎えるためには、最低でも15分以上のピストン運動が必要です。女性の快感が絶頂に向かって上昇し始めたら、1秒間に3〜4往復の速さでピストンしなければなりません。女性の個人差もありますが、5分以上はそれを続ける必要があります。
適切に利用すれば、確実に女性をオーガズムに導くことができるでしょう!

バイブに電源を入れますと、ゆっくり回転して、感じやすい入り口をゆっくり刺激します。フリッパーと呼ばれる舌先(子バイブ)が細かく振動して、クリトリスを攻めながら、亀頭部が膣の中をくねり、まんべんなくかき回します。さらに手を使うと、ピストン運動も可能ですので、ペニスでは考えられない快感を心ゆくまで堪能できます。




Copyright(C)
大人の女性の美学