ご自分の生理周期を分かっていますか?不規則だから…って思っていても、自分なりのサイクルがあったりするんです♪

女性が使う大人のおもちゃ 女性だってひとりHは当たり前 もっと気持ちよくなりたい! セックスレス解消!!
女性の性感帯講座 彼ともっと素晴らしいセックス 女性特有の性に関する悩み オーガズムってなぁに??
女性男性の身体の基礎知識 性事情が分かるリサーチ それぞれの愛のカタチ♪ 早期発見!危ない性病講座

生理周期について知ろう

生理は女性にとってとても大事なこと。
しかし生理は女性にとってもとても多くの問題を含んでいて生理周期が不順だったり生理の遅れがあったり、痛みがあったりもします。
妊娠にかかわる兆候を判断するにも生理の状態が大きな判断基準になります。生理をめぐる環境を改善するのは女性にとっても望ましいこと。
妊娠後や産後にも変化が現れるので、心配になりますが、生理についてちゃんと学ぶことで不安は解消できるでしょう。

生理周期グラフ

生理から生理の周期は約1ケ月のサイクルで女性の体に現れます。

1回の生理の日数は個人差はありますが、大体4日〜7日です。周期的に繰り返される生理から生理までの約14日間の時期を卵胞期と言います。

女性の排卵日から生理の前日までの約12日〜16日までの時期を黄体期と言います。
生理がはじまった日から次の生理の前日までの約25日から40日までの期間を月経周期と言います。
女性の体の生理は1ケ月の間に月経=生理、抱卵期、排卵期、黄体期を周期的に繰り返していきます。
この周期的な生理現象は、間脳という脳の部分にある視床下部が出すホルモンのコントロールによるものです。

視床下部は脳のほぼ中心あたりにある部分で、間脳と呼ばれる部分にあります。
視床下部が指令をしてホルモンを出し、その刺激によって脳下垂体から卵胞ホルモンと黄体ホルモンが出されます。
周期的な生理はその抱卵ホルモンと黄体ホルモンの分泌量によって微妙に影響を受けています。
卵巣ホルモンが分泌されることで、子宮内膜が厚くなり、卵巣ホルモンが分泌を少なくすることで、
子宮内膜がはがれてその際に出血が見られ、周期的な生理現象が現れるというわけです。

女性の生理の周期的な現象に関わるさまざまなホルモンの増減の働きは女性の体を健康に維持する上で重要です。
周期的な生理を中心に起こる1ケ月の身体の変化は、女性の身体のバランスを忠実に反映するバロメーターともいえるのです。


生理周期について簡単に大枠を説明します。

健康な成人女性は、幼年期・思春期・成熟期・更年期と年齢と共に変化していきます。
順調に成長した女性は13歳頃から周期的に月経と呼ばれる生理がはじまります。

通常、成人女性が成人男性と性交すると女性の生理で排卵された卵子は男性の精子によって受精します。
その結果、子宮内に着床した受精卵は分裂を繰り返して人間の赤ちゃんとして育っていくのです。
周期的におこる月経、つまり女性の生理は、この時に受精卵が育つに必要な養分となる子宮内膜なのですが、
妊娠が成立しなかった場合には、その養分が不要になるわけです。

周期的に繰り返される女性の生理、つまり月経は、妊娠が成立しなかった為に必要だった養分となる子宮内膜が,
はがれ落ちる時に出血が起こり、膣から血液とともに排出される現象なのです。
女性の卵子は周期的に月に1度排卵されるので、妊娠がない場合は、周期的に月に1度の生理がみられることになります。
周期的に繰り返される生理は、女性の卵巣から出る卵巣ホルモンが子宮に働きかけて子宮内膜を分厚くするのですが、
月経=生理でこの子宮内膜がはがれ落ち、1ケ月経つとまた厚くなり、また生理ではがれ落ちるという作業を周期的に繰り返します。

このような現象によって、女性の生理は繰り返し周期的に毎月現れるというわけなのです。





Copyright(C)
大人の女性の美学